よくあるご質問

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「現在、自社で助成金、補助金を申請中ですがそれでも【助成金・補助金の窓口】のサービスは利用できますか??」というご質問ですが・・・勿論、自社内で申請中の補助金、助成金がある場合でも弊社のご利用は可能でございます。 まずは詳しく状況をお伺いさせて頂き効率の良い弊社のご利用方法をご提案させていただきます。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「前期が赤字の場合に補助金、助成金の申請、受給は出来ますか?」という質問ですが前期や前々期が赤字であっても助成金、補助金申請に影響はございません。銀行の融資とは異なり財務状況の良し悪しは影響はありませんのでご安心ください。(助成金、補助金によっては※前期より売り上げ30%ダウンの会社のみ対象等、申請要件が設けられている場合もあります。)

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く助成金や補助金以外の資金調達のサポートでございますが弊社は助成金・補助金の専門的な申請支援のサービスとなっておりますので助成金、補助金以外の資金調達のサポートはご対応が厳しくなっております。例:ファクタリングや融資、M&A、買収案件等。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く法人設立前(個人事業主の開業届提出前)のご相談でございますがもちろん可能でございます。お気軽にお問い合わせください。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「個人事業主でも助成金、補助金申請は可能ですか?」というご質問でございますがもちろん助成金、補助金の申請において個人事業主だからといって申請が出来ないことはありません。助成金、補助金は株式会社(法人)、個人事業主に関わらず申請頂けるものとなっております。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金はどのような会社が利用できるのでしょうか?」というご質問ですが・・・助成金には助成金の内容により様々な募集要項(条件)が定められておりますが以下の4つのポイントは必ず大前提としてクリアしなければならないポイントです。予め助成金の申請前に自社の状況を振り返ってみましょう。
    ポイント1:従業員を1名以上雇用しているポイント2雇用保険、社会保険を払っている(社員数5名未満の個人事業主は雇用保険のみでOK)ポイント3:会社都合の解雇を半年以内にしていないポイント4:残業代未払等、労務違反を犯していない。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金申請にあたり準備していた方が良い書類はありますか?」というご質問ですが・・・助成金申請に際し必要になってくる書類は多くありますが以下の4つの書類は必ず作成が必要です。【助成金・補助金の窓口】にご依頼頂ければ社労士(社会保険労務士)が作成代行させて頂きます。1:就業規則 2:労働条件通知書(雇用契約書)3:賃金台帳 4:賃金台帳 の書類の準備が必要になってまいります。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「既に社会保険労務士(社労士)の顧問契約がありますが問題ありませんか?」というご質問ですが・・・一度、ご契約状況を詳しくお伺い出来たらと思いますのでまずはお問い合わせください。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「支払いはクレジットカードで可能ですか?」というご質問ですが・・・申し訳ございません。お支払いは銀行振り込みのみご対応しております。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「複数、法人を所有していますが助成金、補助金を所有している会社(法人)でそれぞれ申請可能ですか?」というご質問ですが・・・もちろんでございます。それぞれの法人で募集要項をクリアしていればそれぞれの法人(株式会社)で受給する事が可能です。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「【助成金、補助金の窓口】の相談は無料ですか?」というご質問ですが・・・もちろんご相談で費用が発生することはございませんのでご安心ください。ZOOMやラインを使用したオンラインでのご相談や東京・大阪・福岡にあるオフィスで直接お打ち合わせも可能でございます。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金の不正受給という言葉を耳にしますがどのような意味でしょうか?」というご質問ですが・・・昨今、ニュースでも見かける事の多くなった給付金や補助金の不正受給のニュース。不正受給とは簡単にご説明させて頂くと「故意に偽って助成金を受給すること」を不正受給と言います。嘘や偽りで作られた書類を作成し助成金や補助金を受給すると不正受給を行う輩が増えた為このような言葉をニュースで耳にすることが増えました。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「補助金を申請して受給出来ないこともありますか?」というご質問ですが・・・事前の審査や事後の審査がありますので審査に落ちてしまうと
    受給できません。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金を申請して受給出来ないこともありますか?」というご質問ですが・・・雇用系の助成金は基本的には要件を満たす事ができれば原則受給は可能になっております。但し、申請した計画通りに進めなかったり以下のケースに該当してしまうと要件を満たしていたとしても受給は出来なくなってまいります。 ケース1:労働関連法令に違反している ケース2:5年以内に不正受給している  ケース3:労働保険料を納めていない ケース4:支給の申請や決定の日までに倒産している ケース5:暴力団関係事業に該当する ケース6:性風俗関連営業をしている

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「株式会社ではなく個人事業主なのですが申請は可能ですか?」というご質問ですが・・・勿論です。助成金は雇用保険が財源となっておりますので雇用保険を納めていれば法人、個人事業主関わらず助成金を申請することが可能となっております。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「補助金とはそもそも何?」というご質問ですが・・・助成金は厚生労働省が管轄ですが補助金は経済・地域の活性化を目的に存在しており国(中小企業庁、経済産業省)や地方公共団体(東京都、商工会議所)などが管轄となります。基本的に補助金は助成金と同じく返済の必要がない売り上げになりますが助成金と異なり厳しい審査があります。また補助金の特徴として「キャッシュバック」という形になります。  投資した設備や広告費を事前に支払い補助金がその全額であったり3分の2であったり4分の3などが補助金として受給できる流れとなります。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金とはそもそも何?」というご質問ですが・・・助成金とは、厚生労働省が管轄の主に雇用や採用など「人」にまつわる支援金です。助成金には大きくこのような特徴があります。 特徴1:申請要件を満たせば基本的に受給ができる  特徴2:申請から受給までの時間が長い 特徴3:返済の必要がない 特徴4:雇用保険が財源となっている  特徴5:助成金の申請率は約2割とあまり活用されていない。  という特徴があります。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金申請に際しどのような準備が必要でしょうか?」というご質問ですが・・・助成金申請に際し必要な書類の準備は勿論ですが以下の項目を自社が満たしているか事前に確認する必要があります。 (1)雇用保険適用事業所の事業主であること、(2)支給のための審査に協力すること、(3)申請期間中に申請を行うこと 上記の項目を満たす必要があります。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金のみ、補助金のみの申請代行も出来るのでしょうか?」というご質問ですが・・・もちろんでございます。無理に助成金、補助金を利用しなければならないという事はありません。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金、補助金を全く知りませんが相談に乗ってくれますか?」というご質問ですが・・・もちろんです。お気軽にお問い合わせください。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金、補助金を申請したいのですが自社で行うのが面倒です。 申請代行してくれるのでしょうか?」というご質問ですが・・・もちろんです。助成金、補助金に関わらず大変で面倒な書類作成ややり取りは担当の社会保険労務士(社労士)やコンサルタントが代行させて頂きます。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「直接オフィスに伺って相談可能ですか?」というご質問ですが・・・勿論でございます。東京・大阪・福岡にオフィスがありますので直接ご来社頂いてのご相談も承っております。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金、補助金の条件合致しているか分かりませんが相談に乗ってくれますか?」というご質問ですが・・・もちろんです。お気軽にお問い合わせください。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金は社会保険労務士(社労士)が申請代行してくれるのでしょうか?」というご質問ですが・・・労働社会保険諸法令に基づく助成金の申請書の作成及び行政機関への提出等は、社労士法により社労士の業務と定められております。よって弊社では社会保険労務士(社労士)が申請代行しますのでご安心ください。社労士(社会保険労務士)以外の悪徳業者による申請代行サービスが急増しておりますので注意が必要です。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金、補助金申請は大変ですか?」というご質問ですが・・・通常、自社で申請を行うとなると助成金、補助金の申請や受給までの道のりは楽ではありません。ですが【助成金・補助金の窓口】にご依頼いただくとすべての作業を代行出来ますので簡単に申請~受給が可能です。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金、補助金は税金がかかりますか?」というご質問ですが・・・事業主が法人の場合は法人税、個人事業主の場合は所得税の課税対象となります。簡単にご説明すると税金がかかるのです。 ただし補助金、助成金共に対価としての収入ではないため、消費税はかかりません。

  • ご質問ありがとうございます。【助成金・補助金の窓口】に多くご質問頂く「助成金、補助金は返済が必要ですか?」というご質問ですが・・・基本的には助成金や補助金は返済の必要のない「売り上げ」になります。ただし助成金や補助金によっては補助金、助成金を利用し利益が得られた場合に利益の一部を返還するものもあるので、助成金、補助金の枠によって都度、確認が必要です。

お問い合わせ

補助金・助成金ついてのお問い合わせはこちら